印刷業界では、英語の「インク」ではなく、オランダ語の「インキ」と言われる事が多いです。
近年では、環境に対応した大豆油インクが多用されます。

CMYKプロセスカラー

カラー印刷は、
・C(シアン)
・M(マゼンタ)
・Y(イエロー)
・K(スミ)
の4つのインクを掛け合わせ色を作り出します。
これを「プロセスカラー」といいます。

インキ

プロセスカラーでは作り出せない色を特色といいます。
金、銀、蛍光色なども特色の一種ですが、
顔料が違うため、専用の印刷機が必要です。

弊社はお客様がお持ちになった見本からでも、
熟練した職人がインクを調合して特色を作り出し、
色を再現いたします。

●詳しくはこちら → 『特色印刷について』