●営業によるサポートがない
弊社などの通常の印刷会社は、「こんな感じに作りたい」というイメージを伝えれば、紙質や加工を提案してくれたり、校正や見積りや請求書を届けてくれたりというサポートがあります。
通販印刷では、コストを抑えるかわりに「営業マンが会社まで来てくれる」という便利さはありません。

●特色・特殊加工のバリエーションが少ない
通販印刷では、一般的な印刷物を「たくさん集めて安く提供する」というモデルが多く、特色や特殊加工のバリエーションが少ない事があります。

●色合わせ商品に向かない
通常の印刷会社は、色見本をつけて「この色に合わせて印刷してください」というオーダーや、色校正に対し「もっと赤っぽく」「もっと白っぽく」など指示を入れる事で、印刷会社側で色味を調整できます。
しかし、通販印刷の場合は色味の調整を印刷会社側でしないことが多く、入稿されたデータをそのまま印刷するのみとなります。
色を修正したい場合はデータを修正して再入稿する必要があり、そのため、厳密に色を調整する必要がある印刷物は通販に向きません。